実行力向上ノウハウ

すぐに読んで欲しい!過去にとらわれてうまくいかない人の特徴と解決法!

いきなりですが、問題です。

あなたは、「あなたの過去の経験」

「今のあなた」にどのくらい影響していると思いますか?

実は、あなたが普段何気なく無意識にとっている行動は

その殆ど(9割程度)が「過去の経験」に基づいています!

今回は、

「すぐに読んで欲しい!意外と間違えている言葉の意味
あなたは悩まなくていいことで悩んでいるかも!」

の記事内容でお伝えしたことを元に、

過去にとらわれてうまくいかない人の特徴と解決法

をお伝えしたいと思います。

(先述したYさんのもう一つの問題の解答をもとに説明していきますね!)

あなたが普段「苦手だな」と思っていることは何ですか?

自分の普段の生活を振り返ってみて、

あなたが「苦手だな」と思うことや、人を思い浮かべてみてください。

・人前に出ること

・自分の意見を主張すること

・すぐ怒る人

・指図ばかりする人…etc

様々だと思います。

思い浮かべましたか?

そうしたら次に、

何故、そういう人や物事が苦手なのか、

少し考えてみてください!

これ、ちゃんと考えないと、これから下の記事を

見ても、理解が難しいかもしれません。

何故苦手なのか、考えてみましたか?

どうでしょう?!

それって、殆どが「過去の経験」が影響していませんか?

実際、そのことが原因で

「本当はこうしたい・なりたい」のに、

なかなか足が進まない…

という方、結構多いんです!

筆者はカウンセリング業をしていますが、

そこの生徒さんの殆どが、こういったことで悩んでいます!

過去にとらわれてうまくいかない人の特徴

あなた自身やあなたの周りに、こんな人はいないでしょうか。

「あの時もっとこうしていれば!」

「今自分が苦しいのは、あの時あんなことを言われたからだ!」

「どうせ自分にはできない…向いていない…」

「本当はこうしたいと思っているけど、反論されるの怖いし、我慢して合わせておこう」

と、よく言ったり思ったりする方

こういう人たちが、過去にとらわれてうまくいかない人の特徴です。

さて、次はその解決法をお伝えしていきます

過去にとらわれないために

まず、解決法を見る前に、

大前提をお伝えします。

それは

他人や過去の自分は変えられない

です。

過去の自分や人間関係で苦しんでいるあなたに、

少し厳しいことを言います。

もちろん、あなたのために。

「あの人がこうしてくれたら私はもっと優しくできるのに。」

「あの時これができていたら人生もっと変わっていたのに」

「あの時あんなことを言われたから、私はこんなんになってしまった。」

「私(僕)がもっと可愛かったら(かっこよかったら)」

このように、「~だったら」「~していたら」

と思っている方。

はい

これ、時間の無駄遣いです。

過去の出来事や変えられない事実に

「変われば」なんてずっと考えていても

何も変わりません。

さらにひどいのは、「苦手」と思うことすら気づかずに、

条件反射のように無意識に避けてしまっている。

最初の質問で、かなり時間をかけて「苦手な事柄」を思い出した方は、

もはやこの状態に陥っている可能性が高いです。

これらを見ないように避けていても、

もっとその事柄や人に苦しめられ、

気づいたころには身動きがとれない状態になっているかもしれません。

解決法

少し話は戻りますが、前の記事の彼の発言もう一つの問題は

「親が居なくなっても困るし。いてもストレスがかかる。

思い直せば、僕が動けなかった、できなかった。

という決断の甘さがある。」

ここにあります。

特徴でいうと、

「あの時決断しておけば!!」

ということですね。

少なからず、親に依存して生きている頃は幼かったでしょう。

そんな幼い子に、決断ができると思いますか?

そもそも、今できていないことを

過去の自分に強要することはできません。

じゃあ、どうすればいいのか?

それは

今の自分を変えること

これだけ聞くと、「そんなわかりきったこと」と

肩透かしかもしれませんね^^

ただし、ここが重要です。

「過去の自分にできなかったからといって、今の自分にできないというのは、もはや思い込みでしかありません」

もっというのなら、

人は解決できない問題は問題として認識すらできないので

過去にとらわれている意識がある時点で

あなたはもう過去の自分を乗り越えられる段階に来ているのです。

問題なのは、そうすることができなかった過去の自分ではなく

「過去」の経験を「今」に引きずってしまう「今の自分」です。

今の自分を変えるには、過去の縛られていた経験とはちがう、

新たな経験をしていく必要があります。

まずは、自分がどんな過去に縛られて、今苦しんでいるのかを

知ることが第一歩です。

それがわからなければ、次の行動に移せないから。

過去の体験は、「どう自分がとらえるのか?」で人生は大きく

変えられます。

過去の呪縛を知り、その呪縛を外せるのは、自分しかいません!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は少し難しいお話になりました。

理解の面でも、精神的な面でも。

皆さんが今何かに苦しんでいるのなら、

まずは自分が何故そのことを苦しいと思っているのか、

具体的に何が苦しいのか、ということに

しっかり向き合ってみてくださいね!

Coming Upでは、こういった問題に一つ一つ向き合い、

自分を変えて行くための環境が揃っています!

急いでこの問題に向き合いたい!

という方はコチラのホームページをご覧ください。