実行力向上ノウハウ

【時間管理が目標達成に必要不可欠な理由とは?】

仕事をしながらスキルアップをしたい方はどのように勉強したら良いのでしょうか

あなたならどのような手法をとりますか?

仕事と勉強だけで1日全てを使うこともできますが、クオリティ・オブ・ライフも考える必要があります。

そのためには、働く時間、スキルアップのための勉強時間、子育ての時間、語学の勉強時間というようにバランスよく時間を配分する必要があります。

本記事では時間管理と集中力を高める方法について解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

時間管理の大切さを知る

まず、時間管理をマスターすることで得られるメリットを紹介します。

  • 優先順位や締め切りに対する時間管理ができる
  • 意思決定が正確に早くできる
  • 目標設定とその効果を得ることができる
  • 代替案を得ることができる
  • 日常の行動を効率化することができる

このように時間管理をできることは多くあるので、あなたもぜひ、時間管理の方法をマスターしてみてください。

時間の捻出がとても大事な理由は1日の時間が決まっていることにあります。

仮に良い目標や戦略や行動プランを考えて作ることができても、それを実践する時間を確保できなければ、実行に移すことができないです。


例えば、通勤中の電車の中をみているとスマートフォンで漫画を読んでいたり、音楽を聞いている人が多くいませんか?

もし目標が決まっていて、一日の時間で使える時間を捻出するのであれば、通勤時間や移動にかかる時間を漫画や音楽を聴く時間から読書をする時間に変わります。

この行動が自身の成長にも繋がりますし、あなたの行動を知った部下や同僚にも良い影響を与えることになるでしょう。

ここで最も大切なことは、時間管理がどれほど大切な規則であり、テクニックであるかを、心で理解することです。

そうすることで時間管理に対する意識から変えることができます

トリアージテクニックで優先順位を決める

トリアージとは、医療現場に置いて、大災害や大事故などで人員や物資が足りない時に、最善の結果を得るために対象者の重症度によって治療の優先度の選別を行うことを言います。

このように日常の業務においても時間を有効に使いたいのであれば、やるべきことに優先順位をつけて、重要かつ緊急度の高いところから効率的に行う必要があります。

効率の良い勉強方法とは、少ない時間でいかに勉強の成果を増やすかというポイントに注意します。

そして勉強の効率を上げる方法として、「飽きたら別の教材の勉強をする」「早朝出勤するなど、人と違った時間の使い方をする」「スキマ時間を使って短時間の勉強を反復する」ことがあります。

複数の仕事や作業を同時に行うマルチタスクは、頭の切り替えだったりと時間をロスしてしまうので効率的ではありません。

基本的には目標を先延ばしにすることなく1つの物事に集中することが大切です。

隙間時間の活用が最も有効な時間術

目標を決めて、そのための行動プランまで作るとプランを実践するための時間を捻出する作業になりますが、使える時間を考えると通勤時間などのスキマ時間が多いことに気づくことになるでしょう。

このように勉強を効率的に行うためには多くの時間を作る必要がある中で、長い時間ではなくて多くの時間を作る意識が重要です。

あとは作った隙間時間を目標達成に向けた行動に当てます。

また時間を有効的に使うためには「気が散る時間」を減らすことが大切です。


例えば、集中していたのに携帯の着信音に反応してしまったり、同僚に声かけられたりと気が散ってしまうとまた集中することから始めないといけないので無駄な時間を使ってしまいます。

そのため、1日の中で気が散ってしまう時間を減らして、限られた時間で集中することが効率を最大化させるために必要なことです。

気が散る時間を減らす方法をいくつか紹介します。

  • メールを確認する時間を決めておく(生産紙が低い通勤中や昼食後がおすすめです)
  • 仕事や勉強中は不必要なネットを閉じる
  • おしゃべりな同僚がいる場合はカフェなど作業が集中できる場所に移動する

時間の作り方として忙しい人は休日の週末にまとめて勉強の予定を立てるかも知れませんが、基本的に週末集中型の勉強は効率が悪いです。

まとめて時間を作っても集中力が切れて、ネットサーフィンをしたり、平日の疲れで寝てしまったりと結果的に勉強が進まず、挫折してしまいます。

記憶への定着面などを考えても毎日少しずつ継続した方が良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は時間管理の大切さや時間の捻出方法についてお伝えしました。

まずは目標達成に向けて大事なことは実行に移す「時間」が必要であることを理解し、そのために時間を作り、作った時間の成果を最大限上げることが成果を出すための最短ルートであることを頭に入れておきましょう。