実行力向上ノウハウ

【会社をやめたいと思う人がやるべき行動プランとは】

今の会社に不満があるけれど、辞めるにやめれないと言う経験を持つサラリーマンの方は多いのではないでしょうか?

では会社を辞めるためにはどのようにしたら良いでしょうか。

本記事では、会社を辞めたいけど辞められない方や、現状を変えたい方にとって考え方の参考になると思います。

ぜひ最後まで読んでいただき、悩みを解決するきっかけになればと思います。

目次

  • 会社がやめられない人の特徴
  • 下準備をすることで精神的なゆとりを持つ
  • まとめ

会社がやめられない人の特徴

サラリーマンであれば多くの人が共感するであろう問題が「今の会社を辞めたいな」という漠然とした不安です。

会社の仕事はつまらないけど、辞めるに辞められず、悶々とした日々を過ごしている。

思いつつも行動に移すことは腰が重く、明日もまた満員電車に揺られている人が多いと思います。

多くの人は、悩んでもしょうがないと考えてしまっているのではないでしょうか?

仕事の業務のことを考えると

「いつも目の前にあるのは誰でも変えがきく作業」
「人生一度きりと考えたら、やりたいとは思わない業務内容」


と考えてしまい、さらには「もっと自分じゃないとできない仕事があるはずだ」と思うとため息が出るでしょう。

だったら会社を辞めれば良いのでは?と思うかもしれませんが、だからといって転職する勇気もなく、会社を辞めたところで、自分1人だけで食べていくような自信もない。

今の会社を辞めた時のことを想像すると、「やめるにやめれない」と考えています。

つまり、会社をやめたいけどやめられない人は、決断力や行動力やそのためのエネルギーがないのでネガティブな感情へとどんどん進んでしまいます。

次の項目では、そんな人はどのようにしたら変わることができるのか、ということについて解説していきます。

下準備をすることで精神的なゆとりを持つ

会社を辞めたくても辞められない人がやることの1つとして提案できることは、考え方を変えると言うことです。

結論、会社を辞めたくても辞められないなら、辞めなくていいということです。

例えどのような職場であっても、よく見ると至るところに「穴」が存在します。

その穴を見つけることで、今の現状を少しずつ変えることができるのです。

例えばそれが、所属している会社の就業規則に引っかからない範囲であれば、会社に所属しながら上手に時間を使って自分の好きなことをやることができますよね。

ただ自分1人だけではバリューを発揮することができないので、同じような気持ちや志を持つ人たちと、水面下で構想を考えて、地中で根が大きくなるようにじっくりと育てていきます。

そしてとあるタイミングで、そのプロジェクトを立ち上げます。

そうすることで会社以外の場所でネームバリューを高めていきます。

このように活動することは、会社員としての自分に良い循環をもたらすことも少なくありません。

このように、会社に囚われることなく、自分の考え方や行動次第で今の会社にいながら、のびのびと生きる方法を模索することができます。

ただそのための準備には、いつでもスキマ時間を活用できるデバイスと、フットワークの軽さが必要となります。

ただここで1つ懸念されることがあるとすれば、「仕事」と「やりたいこと」への切り替えが難しいことにあります。


具体的なお話をすると、スーツを着て会社にいると、体も居場所も会社を動かすための歯車に流し込まれたようになってしまい、惰性や習性でどんな嫌な作業であってもこなしてしまうということです。

社会人の方であれば同じような経験をされたことが多いのではないかと思います。

そしてこのことは、どれだけ会社に不満を持っていたとしても、仕事が終わってから本来やりたかったことへの気分転換は中々うまくいきません。

そのため、通常の忙しい中でも業務の前後にスキマ時間を見つけて、自分の好きなこと、自分にとって重要だと思える仕事をやってしまえるかどうかが重要となってきます。

ただし、それは「気分転換」の技術によるところが大きいのですが、気分転換の切り替えがスムーズにできない理由は「ストレス」の存在にあります。

例えば「社内スタッフの反応が悪い」「取引先に嫌なことを言われた」「会社の業務を淡々とこなす」などというように多かれ少なかれ、精神的なストレスを抱えてしまいます。

そしてこのストレスが他の業務で解消できれば良いのですが、業務を繰り返すうちにストレスを溜め込んでしまいます。

その結果、気分転換がうまくできないということになります。

その場合は早朝に時間を作るなどして、誰にも煩わせない、まとまった時間を確保する対策が必要となります。

また別と要因として、目標を決めて、その目標達成のために計画を作り行動に移す実行力がないことも考えられます。

実行力について知りたい方は、お問合せよりご質問いただければと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はサラリーマンを経験したことがある人であれば、考えてしまいやすい「会社をやめたいが、やめられない理由と対策」について解説しました。

対策としては、会社に所属しながらやりたいことをやることになりますが、やりたいことも明確にしないと行動に移すことができないので、まずは目標を具体的かつ明確に決めることから始めてみてください。