実行力向上ノウハウ

【決定版】将来の不安を解決し思い描く将来を手に入れる方法

あなたはいつまで今の仕事をやりますか?

そして漠然的に、将来に渡って今の仕事や生活環境で「将来食べていけるか不安」に思ったことはありませんか?

おそらく、ほとんどの方が不安に思うことだと思います。

それは何も将来について確約されていないからです。

本記事では、このような悩みや不安を持ち続けないためにできることや考え方をお伝えしますので、日常から不安のことが多いと思う方はぜひ最後までご覧ください。

目次

不安に思ってしまう理由

人は見えないことに不安を覚えてしまうことが多いと思います。

例えば人生を考えた時にこのようなことが思い浮かびませんか?

今の会社で仕事を続けていても大丈夫だろうか。

会社にしがみついていたらあっという間に年を重ねてしまう。

ここ数年、給料が上がることはないし、会社もいつまで存続できるか分からない。

もっと先々のことを今から考える必要があるな。

将来に向けて何かはじめておいた方がいいんじゃないかな

特に老後のことを考える人が多いのではないでしょうか。

年金問題といえば、AIJ年金詐欺事件や老後2000万円問題が一般的で、この2つの事件をきっかけに年金や老後について考えざるを得ない状況になったと言えます。

AIJ年金詐欺とは、2012年頃に話題となったもので、年金の投資顧問だったAIJが年金を消失させてしまった事件で1300億円は確実に消失してしまったということで当時、注目を浴びていました。

そして老後2000万円問題とは、金融庁の審議会による発表で老後20〜30年間で、約1,300万円〜約2,000万円が不足するといったもので、今まで老後について考えていなかった人にとっては雷が落ちるほどの衝撃を受けたことでしょう。

だからこそ、定年までに〇〇万円の貯蓄しないといけないから50歳までに〇〇万円が必要となり40歳では〇〇万円を貯める。

このように計画を立てることは、堅実で正しい選択のように思います。


実際に老後までの貯蓄プランを細かく計画することで、将来に対する不安は払拭でき、不安やストレスのない快適な生活を送ることができるのでしょうか?

実際のところ、不安は解決できず、ずっと抱えることになるでしょう。

なぜかというと、将来何が起こるか誰にも分からないからです。

・来月から会社の業績が落ちるかもしれない
・ミスで運悪く解雇されるかもしれない
・職場の居心地が悪くて逃げ出したくなるかもしれない
・突然難病指定の病気になるかもしれない
・数年間貯めた収益がなくなるかもしれない

など、想定外のことが要因となって細かく作った計画が台無しになることがあるかもしれません。

つまり絶対に安心できるプランを立てることはできないということです。

次の項目では、「将来食べていけるだろうか」という不安を払拭する方法について解説します。

今の一瞬に全力投球する

まず、将来への不安を払拭するために必要な考え方があります。

それは、将来の目的や計画を一時的に忘れて、今この瞬間にやりたいことや、やるべきことに熱中することです。

将来の夢を度外視して今この瞬間に集中することが、「自分にとって楽しく充実している状態」になることで、この状態を維持することで本来の目的や目標を達成してしまうことがあります。

例えば、1か月後に大事なプレゼンが控えていたとします。

準備する時間が少ない中で、最初は縮こまり気味だったけど、無心で準備に取り組むうちにプレゼンの準備が面白くなってきて、夢中で資料を完成させ、当日のプレゼンを終えると大絶賛だったと好評をいただく。

他にプライベートなことを例に挙げると、想いを寄せていないる異性に対して、ただ相手を楽しませたいと思って動いていると実は自分がデートを満喫してしまい、結果的に自分が楽しんだことで、いつの間にかいい雰囲気になっていたりします。

あなたも似たような経験はありませんか?

不思議に思うかもしれませんが、目的を度外視してプロセスにのめり込むことが、それとは逆の目標達成を優先する思考が追い求める良い結果を、あくまで結果的に導いてしまう経験だったのです。

簡単な言葉に置き換えると「引き寄せの法則」が近いと思います。

引き寄せの法則が気になる方は一度調べてみてください。

とはいっても全くの無計画で目的を達成することはできないので、将来の目的を最優先にした行動と、将来の目的を度外視して今やるべきことに集中することの両方のバランスを上手に取ることが良い選択と言えます。

さらに言えば、自分が向いていると心から感じられる作業に全力で打ち込み、充実した手応えを感じながら毎日を生きていくことができれば、自然と人が集まってきます。

そして集まった人に恵まれて結果的に目標を達成してしまうこともよくある話です。

やるだけやったら次があると思うことで将来への不安を払拭しましょう。

人はいい意味で1つの行動に没頭することで不安を感じにくくなります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は誰しもが思う将来の不安とその解決方法について解説しました。

計画を立てることも重要ですが、それ以上に自分が熱中して行動することが必要になってきます。

そのためには自分の好きなことや得意なことが何であるかを知る必要があるため、まずは自分の内面と向き合うところから初めてみてはいかがでしょうか。