実行力向上ノウハウ

【決定版】究極のインプット・アウトプット術!【読書編】

あなたは日本人の52%以上がやっていない成功するための習慣をご存じでしょうか?

とても身近な存在ですが、意外と多くの人が生活に取り入れてないものでした。

それは「読書」です。日本人の約半数の方は読書をしていないのです。

これは結構な驚きですよね?

本から得られる知識は膨大で、本の知識を活用できればスキルアップや業務効率化など、あらゆる場面で活きてきます。

本記事では人生を大きく変える力のある読書のインプット術と、明日からすぐに実践できるアウトプット術を解説しますので、本の知識を活かしたい方や、今よりも人生を変えたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

効率的にインプットするための方法

まずは書籍から情報をインプットするメリットを5つ紹介します。

①短い時間で多くの情報をインプットすることができる
②インプットした内容が知識とて定着する
③業務効率を上げることができる
④アウトプットができるようになる
⑤自分の頭で考えられるようになる

このようなメリットがありますが、1冊の本をしっかり読み切ろうとするとかなり時間がかかります。

そのため、いかに効率よくインプットできるかが大事なポイントです。

ここでは1つ参考例を挙げるのでご確認ください。

無駄なインプットを理解し減らす


まずは「学ぶために読む」ことが重要なので「娯楽のために読む」ものがあれば排除します。

そしていざ本を読む時には1から全てを読む必要はありません。

すでに自分が知ってる知識と重複する箇所は飛ばして、読むべきところに集中しましょう。

そのほかにも効率のよいインプット方法を知りたい方は、併せてこちらの記事をご確認ください。

次は大量にある書籍からどのようにしてインプットすればよいかを、項目別でまとめていますので、本を読む時の参考にしてください。

圧倒的な知識を得る方法(読書編)

あなたは毎年新刊書籍として出版されている件数をご存じでしょうか?

令和元年では7万1903点もあり、1日に換算すると、約196冊もの本が出稿されています。

1つ1つの書籍をじっくり見ようとすると圧倒的に時間が足りなくなるということです。

まずは「読むべき本」か「読まなくてもよい本」かをしっかり選別しましょう。

圧倒的な知識を得る方法(仕事編)

仕事に関するインプットは、インプットする情報量が膨大にあるため、本を読む前に「何をインプットするか仮説を立てる」ことが必要です。

圧倒的な知識を得る方法(勉強編)

勉強で知識を定着させたい時は、何度も繰り返し覚えることが重要になります。

そして、繰り返し練習するためには「単語帳」を使いましょう。

ここまで項目別で圧倒的な知識を得る方法をお伝えしました。

本記事では一部分しか取り上げていませんので、他の手法も含めて詳しく知りたい方は、ぜひこちらの記事をご確認ください

正しいアウトプットで人生が変わる

本から知識をどれだけインプットしても、アウトプットという行動に移していないのであれば、そのインプットに価値はありません。

必ずアウトプットから目標を立てるようにしましょう。

正しい目標の立てかたの参考例としては

「半年以内に自社コンテンツをリリースする。そのために関連する本を1ヶ月に15冊読むこと。」です。

この場合だとアウトプットする前提で本を読み進めるので、インプットの質もよくなります。

また「インプット・アウトプット」を飛躍的に伸ばす方法は、インプットで得た知識をアウトプットして成功を体験することです。

人は成功体験をすると自然と同じことを繰り返し行います。

ここからは、小さな成功体験を得るために必要なアクションプランを順序立てて紹介します。


まずは、自分が悩んでいることを1つだけ思い浮かべる。

次にできるだけ大きめの本屋に行き、先ほどあげた悩みを解決してくれる本を探して購入する。

その本を読み、「やりたいこと」「できること」「やるべきこと」を抽出する。

そして、スモール・スタートでよいので決めたことを実践していく。

このようにすることで、すぐに行動ができ、すぐに結果を出すことができます。

ぜひ今回紹介したアクションプランをやってみてはいかがでしょうか?

きっと今よりよい未来が訪れることでしょう。

ここで取り上げていること以外にも、結果を出すアウトプットの手法がありますのでもっと詳しく知りたい方はぜひ、こちらの記事も併せてご確認ください。

まとめ

今回は決定版】究極のインプット・アウトプット術!【読書編】ということで、すぐに実践できる方法をお伝えしました。

意外と本を読んでいない方が多く、今からでも本を読む習慣をつけることで他の人との差別化になります。

本から得た知識をしっかりと活用したい方は1つでもよいので、まずは実践することから初めてみてください。