実行力向上ノウハウ

【保存版】成果にコミットしたPDCAの回し方とは?

あなたは決められた目標を達成するために取り組んでいることはありますか?

また、決められた目標をしっかりと達成できていますか?

多くの方が目標を達成できなかったり、目標を先延ばしにしてしまいます。

本記事は、そのような目標に対して未達になってしまう方、目標に向けた実行力がない方でも今から実践できる成果を上げることにコミットしたPDCAの回し方を紹介します。

ぜひ最後までご覧ください。

目次

成果にコミットしたPDCAの回し方【基礎編】

思うように成果が出せない方は、正しいPDCAを回すことができないことに原因があります。

PDCAとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の頭文字を取り、改善を繰り返すことで目標を達成させる仕組みのことです。

成果にコミットしたPDCAを回すことができれば、しっかりと行動できる実行力が身につきます。

PDCAの考え方について理解を深めたい方は、こちらの記事で詳しく取り上げていますのでぜひご確認ください。

「毎日の目標設定」を決める【Plan:計画編】

大きな成果を出すためには「目標+実行」が必要です。

ゴールを決めることで人は自然とゴールに向けて思考を深めることができます。

目標は「大きな目標」と「小さな目標」を立てます。

大きな目標とは、月間目標や年間目標のことを指します。

小さな目標では、1日単位での目標と具体的なアクションプランを決めます。

毎日改善をすることでPDCAを高速で回すことができ、目標を最短でさせることが可能です。

そうすることでPDCAをより速く回すことができ、大きな成果に繋がります。

目標設定は、成果を出す上でとても重要な部分です。

目標設定について詳しく知りたいかたはぜひこちらの記事をご確認ください。

考えられる対策は全て同時に試す【Do:行動編】

目標を実行するために必要なことは「期限を決めて全て同時に試す」「毎日、目標と結果の違いを検証する」「検証をもとに毎日改善する」の3つになります。

一番この中で重要なことは「期限を決めて全て同時に試す」ことです。

例えば、とある問題解決のために考えた行動プランが6つあったと仮定します。

1つの案を試すのに1ヶ月かかる場合、6つの手法を試すだけで半年もかかってしまいます。今の時代は情報の流れや変化が激しく半年の間で何が起きてもおかしくありません。

最短で結果を出すためには同時進行で全ての策を検証する必要があります。

具体的な行動プランについては、こちらの記事に記載していますので、興味のある方はぜひご確認ください。

結果は数字で管理する【Check:評価編】

人は社会人となり会社に属すると「数字」について求められることが多くなります。

例えば「今月の売上目標と利益はなぜ、この数字なのか?」・「業務改善で何を実行すると何%の数値改善が見込まれるか?」など報告や相談は数字に基づいて話せないと会社内では評価されません。

数字が分からない人は少しずつで良いので数字に慣れる訓練をしましょう。

大きな成果を出したい時には数字が必ず必要となります。

今よりも成果にコミットしたい方は、ぜひこちらの記事を併せてご確認ください。

一番いい方法にコミットする【Action:改善編】

人は1つのことに集中することで、大きな力を発揮します。

そのため、考えられる行動プランを全て試し、最も効果が高い手法を行動プランとします。

選んだ行動プランが一番優れた方法であるため、それを実行し磨き上げることで成果が上がります。

ただし、1つのことに集中するだけでなく、先のことを見越してリスクヘッジをかける必要があります。

詳しく知りたい方は、ぜひこちらの記事を併せてご確認ください。

目標をより速く達成するための方法【応用編】

あなたは自分が任されたプロジェクトを進めるときに、「もっと速く仕事を回せるようにしたい!」と考えたことはありませんか?

PDCA以外の部分で、より速果を出すためには、「人の力」に頼ることがカギになります。

スピード感を持って成果を出したい場合において、自分で調べることは最善の手ではありません。

必ず、知らない知識や情報は人の力を借りるようにしましょう。

最短で成果を求める際に、自分で学習するのは非効率です。

人の力を借りるコツについて知りたい方は、ぜひこちらの記事を併せてご確認ください。

まとめ

今回は今から実践できる成果を上げることにコミットしたPDCAの回し方を紹介しました。

成果の出るPDCAの考え方を正しく理解し、実行に移すことで、初めに設定した達成目標に最短でたどり着くことができます。

本記事がきっかけとなって、PDCAの各項目について詳しく知りたい方は、各項目内で関連する記事を取り上げていますので、ぜひご確認ください。

本記事を読んでPDCAを回すための知識だけでなく、実際に成果を出す実行力を身につけたい方は、お問合せフォームからご連絡ください。